薄毛の悩みが解消できるharg療法|自分に合ったクリニック探し

男の人

ふさふさ生える

育毛剤

塗る薬と飲む薬

発毛剤には塗る種類と飲む種類があります。毛が薄くなる原因に男性ホルモンによるところが大きいのですが、ミノキシジルと言う成分は男性ホルモンの働きを弱める効果があります。さらにミノキシジルは血管を拡張させて、発毛を促す働きがあることで知られています。ミノキシジルを使用する塗る発毛剤は小売店でも販売していますが、効果があらわれるには半年は続けて使う必要があります。又男性ホルモンの働きで起きる薄毛や脱毛を治すには飲む薬もあります。頭皮の男性ホルモンの働きを抑え医師が処方したフィナステリドを服用して、効果が出るまで半年は続けることが必要となります。男性用発毛剤と女性用発毛剤は異なり脱毛の原因も女性の場合は栄養不良であったり、女性ホルモンの影響が関係しています。

効果と治療

発毛剤を使用したとしても完全に毛がなくなった状態から生えてくるわけではなく、脱毛してもまだ産毛は残っているのです。発毛剤は産毛のような状態の毛を育てて太くして、ボリュームを増やす手伝いをするのです。発毛剤を使用して、毛髪の本数が増えていなくても密度が濃くなることがあります。又発毛剤の効果は体質や毛髪の状態によっても違ってくるので、万人に同じ効果が出てくるわけではないです。一般小売店で販売している薬を使用してもあまり効果がないときは、専門医に相談して処方してもらうようにします。発毛剤を使用すると改善が見られることが多いのですが、使用を続けないと効果が落ちて再発することがあるのです。発毛剤は各メーカーがたくさんの種類のものを発売していますが、自分の体質に合うものを使うのがいいです。